広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

浮気(不倫)相手への慰謝料請求方法と金額

2013年9月24日

夫(妻)の浮気が発覚!
悔しい、許せない。慰謝料請求したい!!
でも方法がわからないし、いくらぐらい請求できるのかもわからない。

簡単に結論から言うと、慰謝料請求に関してはどのような方法でも請求自体はできます。
また慰謝料請求に関してもいくらでも好きな額をただ単に請求するだけなら、請求できます。

つまり逆に言うと慰謝料請求はどのような方法で請求しても確実に取れるかどうか不明ですし、金額についてもこれといった決まった基準はないということです。
これはどうしてかというと浮気の慰謝料請求というのは精神的または社会的損失、つまり目には見えないものに対する賠償請求でありその価値が非常に確定させづらいものだからです。

ただそうはいってもまったく基準がないということではありません。
一般的に裁判に持ち込まれた慰謝料請求の場合は100万~400万の間で決着がついていることが多いので、この金額が妥当とされていることが多いです。
また慰謝料請求に関しても初めは当事者同士の話し合い、次に内容証明郵便などでの請求、うまく交渉がまとまらない場合は民事訴訟という段階を踏むことが多いです。

慰謝料請求に関しては、しっかりとした浮気の証拠があることが重要な鍵となります。
証拠と言ってもメールやチャットなどのやりとりでは、証拠能力が薄く、請求時に相手に与えるインパクトがすくない=請求がうまくいかないということも多々あります。
弁護士によってはもっと確実な証拠をとるよう、請求書作成前に薦める場合もあります。

浮気の証拠を取るという事に関してはやはり圧倒的に探偵の方が一日の長があります。
またしっかりとした浮気の証拠があれば、弁護士や行政書士の力を借りるまでもなく慰謝料請求ができるケースもあります。
弁護士や行政書士はその業務の性質上、無料相談が出来るような窓口を設けていません。
まずは無料で探偵社に相談してみるというのも一つの手かもしれません。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

浮気調査・不倫調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)