広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

家出して浮気相手の家にいる場合の浮気の証拠の押さえ方

2011年8月22日

夫が妻が突然家出をしてしまった。 原因がまったくわからないが、残された書置きや職場の人の話、近所の人の証言からすると、どうも浮気相手がいたらしい。状況から考えてその浮気相手の家に転がり込んでいる可能性が高い。最近、こういった配偶者による突然の家出から、相手の浮気が発覚するケースが増えています。
こういった家出の場合に困るのは、どこに行ったかまったく見当がつかないこと。事前に浮気の気配などもなかったので、浮気相手の情報が全くない。 しかも当事者が行方を晦ましているので、捜索の糸口が見つけづらい、という事が挙げられます。

そんな中、行先を判明させる突破口になりがちなのは、残された情報より「周りの情報」、「近所や働いていた場合は職場の同僚の情報」です。特に近所の人の情報は、浮気のディテールに迫れるほど精度が高い場合が多く侮れません。
ただ、普通に聞き込みを行っても、このような情報は取れないので、そこは探偵調査員の熟練したテクニックが必要となります。

逆に家出先を見つけてしまえば、浮気相手も発見でき、しかも浮気の証拠もそのまま取れるので発見後の対処は比較的楽に行えます。
また家出をしたといっても衝動的な行動のケースも多いので、相手に自分の置かれている状況などを分からせる事ができれば、早期の問題解決も望めます。

配偶者、または同棲していた相手が家出をしてしまったという場合はまずご相談ください。この場合無駄なのは、ただただ不安や妄想に駆られて自分を苦しめて何時間も堂々巡りの考えに陥ってしまう事です。

悩むと解決方法を考えるという行動の間には大きな隔たりがあります。今の自分を救えるのは自分の正しい行動しかありません。その点を踏まえて早期にご連絡ください。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

浮気調査・不倫調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)