広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

旦那の浮気相手

2011年8月26日

旦那の浮気相手に慰謝料請求をする、そういった目的での浮気の調査のご相談が増えてきています。
この場合、仮に裁判になっても確実に勝てるような浮気の証拠、ホテルへの出入りや浮気相手の自宅からの出入りの現場を複数日に渡って映像記録で残す事が最も確実な方法となります。

一回だけの証拠などでも慰謝料請求は出来ない事もないですが、継続性のある浮気であるという証明が出来た方が圧倒的に有利な条件で慰謝料請求ができるようです。

また、慰謝料請求までいかない、「浮気相手に二度と浮気をしない」という念書を書かせる方も増えてきています。
この場合も念書を書かせるためには相手に浮気をしっかりと認めさせなければなりません。その上で、念書に二度と旦那と会わない事や、仮に約束を破った場合の罰則などを記入し認めさせる事ができれば、かなりの確率で浮気を止めさせる事が出来ます。

浮気相手と旦那の関係を終わらせるためには、いずれにしても今の関係を白日の下にさらせるだけの証拠をあらかじめ揃えておく事が重要です。
証拠を揃える事で、例えば裁判所などの公的機関を使った訴訟も有利に運べますし、相手との直接交渉においてもこちらが有利な状態で交渉を進める事ができます。

一番よくないのは、確たる証拠を持たないまま、勢いだけで相手を追い詰めていこうとする事です。
この場合、相手はその場では謝っても後で開き直ったり、または逆に証拠がない事をいい事に反論してくる可能性もあります。

難しいかもしれませんが、ご主人の浮気相手が発覚した場合は、一旦冷静になって「どうしたら一番効果的な方法で浮気を止めさせる事ができるのか」、「浮気の代価を得る事ができるのか」その事を考えるべきなのかもしれません。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

浮気調査・不倫調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)