広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

釣書の書き方

カテゴリー: 結婚調査
2011年9月14日

結婚といえばお見合いだった時代は、お互いがお互いの情報をまったく持たないままお見合い当日を迎えるのがほとんどでした。

こうした時にあらかじめ相手の略歴などをお互いに提出して事前準備をするために始められたのが「釣書(つりがき)」です。
恋愛や交際を経て結婚する人がほとんどの現在ではほぼ見なくなったものですが、田舎の方ではいまでも釣書を求める方も多いようです。

周りに経験者がいないなかでいきなり釣書を求められても困る事も多いかと思います。
簡単に釣書の書き方を説明すれば、ようは履歴書です。ただ履歴書は就職したい会社に出すもの、いわゆる個人証明として作成した書類になりますが、釣書はそれプラス家族・身内の証明という意味合いも持ってきます。
ですので、通常の履歴書に書く、氏名・住所・学歴・職歴に加えて家族構成、家族の現状(就学・就業状態)や両親の実家所在地などを書き加えたものになります。

なかには信仰している宗教や病歴などを書くところもあるようですが、これらは現在においては差別につながりやすい条項でもあるので省かれる事も多いようです。

様式としてはこれらの情報が簡潔にわかりやすくまとめられていればよいようですが、一般的には縦書きの草書体などで作成される事が多いようです。

これは見た目に正式な書類である事をアピールしやすいといったことからだと思われます。

要点を押さえておけばどのような形式でも問題はないのですが、釣書などを求めてくる人は伝統的なものを重んじやすい人かと思われますので、いままでと同様の形式で作成するのが一番かと思われます。

ただし釣書などで得られる情報というのはあくまでもまったく知らない人の表面的な一次情報を確認できるにすぎません。
ほとんどの情報は実際に会った場で確認できるような簡単な情報です。細部について気になるような事があるのであれば調査会社など信頼のおける機関による調査によって明らかにする事が必要になってくるでしょう。

ただし差別につながるような調査は正規の探偵社ではお受けしておりません。その点には十分留意してご相談されるとよいでしょう。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

結婚調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)