広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

いたずら・いやがらせ対策調査事例

カテゴリー: いたずら対策調査
2011年3月4日

相談者:男性(35歳)

経営者であるご相談者様とパート従業員が通勤に使っている自動車が、店舗裏の駐車場に停めているといつのまにか傷をつけられて困っているという事でした。

最初は子供のいたずらかとも思っていたそうですが、発生した時から日を追うごとに回数が増えていき、いたずらの被害も大きくなったそうです。
このまま黙って車を傷つけられるのは我慢できないという事でご相談に来られていました。

専門相談員がよくよくお話しをお聞きすると、傷をつけられているのは主に午前中が多く、平日・土日・祝日を問わないという事でしたので、犯人像として定職を持っている人物ではないと考えられました。

また駐車場の場所も店舗裏で人通りの少ない所ですから、通りがかりの犯行ではなく、持ち主が分かった上でいたずらをしているのだと思われました。

このように原因も分からず、一方的にいたずらの被害に遭うのは気持ちが悪く、誰かに憎まれているのではないかと思うと恐ろしくなるものです。
調査撮影用の特殊カメラを設置し、特にいたずらの被害が集中している午前中は調査員が張り込みをするという形で行なわれました。

調査開始から4日目、ついに犯行の現場をカメラが捕らえました。

張り込みをしていた調査員がいたずらをした人物を追っていくと、何とすぐ近所に住む住人だったのです。

すぐに結果を報告書を仕上げ、ご相談者様に見せたところこの人物はご相談者様が経営する店舗の前オーナーだったとの事。
すでにご年配で思うように仕事が出来ず、嫌々店を手放す事になったみたいですが、以前から性格に問題があり従業員の中でも評判は良くなかったそうです。

結局は店が繁盛しているのを嫉んでの犯行だったようでした。 最終的にご相談者様は、今回取られた証拠を元に二度といたずらをしないという誓約書と車の修理代を前オーナーに請求され、いたずらの被害は止みました。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

いたずら対策調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)