広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

失踪者の行動範囲

カテゴリー: 家出調査
2011年8月8日

お子様が家出や行方不明、俗にいう失踪者となった時にまず当事者が一番に考える事は相手(お子様)が、「いまどこに居るのか?」という事です。
普通に考えれば宿泊が出来る施設が整っているところ、それは例えばお子様の友人や知り合いの住居や安く泊まれるビジネスホテルだったり、最近ではインターネットカフェなどというケースも増えています。

ではそういった施設に片っ端から確認を取っていけばいいかというと、それはそうなのですが「どこの地域か?」という問題が大きく出てきます。 たとえば比較的大都市近郊の家出や行方不明の場合は一番近い都市部にいる事が多いです。
ある一定規模の都市部での家出・行方不明の場合はその都市内の別の地域にいる事が多いです。

ただ中にはまったく関係のない地域にいる場合もありますが、その場合はネットなどで知り合った相手が住んでいる場所だったという事がよくあります。

このように家出や行方不明状態にある失踪人の多くは本人の生活圏内のごく近くに隠れているケースが多いです。
特に生命の危険のない、ある種の不満や現状からの逃避を目的とした失踪ではほとんどがこのケースに当てはまります。
逆に精神的疾患を抱えていた、鬱病や重い病を抱えていたなどという場合は人が多くいる地域を避けて、自宅からある程度距離を空けた沿岸部や山間部の人気のない地域に向かう事が多いようです。

いずれの場合も大きな手掛かりになるのが、携帯電話の所持、そしてその使用状況です。
電話に出ない、メールに返信しない、といった場合でも相手の携帯が使用状況にあるといった場合には、着信や留守番電話、メールといった形でこちらからのメッセージをある程度伝えられます。

これは家出や行方不明者を早期に発見するために非常に重要な鍵となります。
また、クレジットカードの所持の有無も大切です。
クレジットカードの使用履歴は相手の経済状態や行動範囲を知るうえで重要な手がかりを残してくれます。

しかしながら結局のところすべての手掛かりを正しく把握し、失踪者の現在の行動範囲を割り出し、現在の居場所を見つけるためにはプロの調査員の解析能力が必要になります。 まずは率直に現状をお話し頂けること、これが家出や行方不明解決の、難しいかもしれませんが、大きな第一歩なのです。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

家出調査の最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)