広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆24時間仕事夫と出会い系浮気妻!離婚後の親権に苦悩

カテゴリー: 広島の探偵Column
2017年5月4日

日本経済もやっと上向きになったのでしょうか。もみじ探偵社がある広島でも、大企業中心とはいえ、ボーナスや給与の上昇が散見されます。広島県でも人手不足は顕著で、人材確保に躍起の会社が広島にも増えてきているように感じます。

デフレによる長期停滞の不景気の中、多くのサラリーマンは自分の仕事を守るためにしゃにむに働いてこられたのではないですか。言葉は悪いですが「社畜」といった言葉がネットでしばしば見かけることがありました。

今回は、妻のため家族のために頑張るサラリーマンに訪れた、妻の浮気発覚のお話です。

仕事人間の夫と支える妻がすれ違い!?悪魔のささやき浮気の影

仕事大好き夫に妻の浮気?(イメージ)
仕事大好き夫に妻の浮気?(イメージ)

「バリバリ働いてる、それがいいと思ってたけど、違ってたんですね・・・女心は難しいですね。」そう悲しく笑うのは、40代で働き盛りの直樹さん(仮名)。

4歳年下の奥さんと結婚して10年目、小学3年生の息子がいる直樹さん。

同僚からも仕事人間との評判もあり、誰よりも早い出勤、残業も臆することなくこなし、深夜帰宅も日常茶飯事だったそうです。


そんな直樹さんを支えてきたのが奥さんです。結婚で寿退社して以来、専業主婦として家事や子育てに奔走してきたように、直樹さんには見えていたそうです。

休日出勤も多く、夫婦で過ごす時間もあまり取れない。そんな状況にも文句一つ言わない奥さんでした。そんな奥さんの姿に、「僕は本当に愛されている」と直樹さんは思っていたのだそうです。

浮気の影が見え隠れ!心のSOSを見逃した夫

ここ数か月、直樹さんは、奥さんのある行動に不信感を持ったのだそうです。それは、外出することが増えたことです。

妻の行動をあまり気にしてはいなかったのですが、「この前この映画見た」とか「今度はあのショッピングモールでセールがあるの」など、頻繁にお出かけした話が出てくるようになったのです。後から考えれば、奥様のこの会話が浮気の時期と重なり、心のSOSだったのかもしれません。

これまで、育児や家事を頑張り夫に尽くしてきた妻ですから、そのぐらいは許してあげなければと考えていた直樹さん。でもその行動が大胆になっていくのを感じていました。

帰宅が遅くなる妻!浮気を確信したが、息子に知られたくない夫婦の危機

昼間の妻に浮気の影(イメージ)
昼間の妻に浮気の影(イメージ)

出張帰りでいつもより早めの帰宅。直樹さんは「今日は家族と夕食が取れる」と楽しそうに玄関のドアを開けたそうです。

でも、家にいたのは小3の息子だけ。「ママはどうした?」と尋ねると、「今日は少し遅くなるって・・・」時刻はすでに夕方6時を指していました。


「妻の行動を全然知らなかった」と痛感した直樹さんは、帰宅した妻を問い詰めました。友達のとお出かけで少し遅れたとのことで、しきりに謝罪。「もう二度と帰宅が遅くなるようなことはしない」と泣きじゃくたそうです。

それで一安心したものの、どうしても妻の行動に疑問が湧きます。「もしかして浮気?そんなこと妻に限ってありえない」息子から妻の生活の様子を聞き出したかったですが、息子の気持ちも考えグッと堪えたそうです。

自分で浮気調査?尾行調査にGPS追尾なんて…多忙な私に探偵はムリ!

夜中に頻繁にLINEが届き、何か返信している様子をしばしば見かけます。また、性生活は元々少ない方でしたが、ここ最近はセックスレス状態。男の影を感じずにはいられなくなったのだそうです。

仕事も忙しく、直樹さん自身が妻を尾行するわけにもいきません。妻のスマホにGPS探知のアプリを入れてやろうと思いましたが、内緒でダウンロードする隙など妻にはありません。思い悩んだ直樹さんは、探偵事務所に奥さんの行動を調査して欲しいと、ご相談に来られたのです。

「もし、浮気をしているのなら、本気になる前に止めさせたいんです。」そう話す直樹さんの希望をお聞きして、浮気調査をさせていただくこととなったのです。

妻の心に空いた穴を埋めた浮気!出会い系サイトで浮気の理由

出会い系浮気で心の穴を埋める妻(イメージ)
出会い系浮気で心の穴を埋める妻(イメージ)

調査には少し時間がかかりました。直樹さんは妻の生活パターンをほとんど把握しておらず、浮気の可能性がある日を絞り切れません。

奥様が外出されない空振りの日があり、3回目の調査でようやく浮気の現場をキャッチしました。


後日、調査結果を直樹さんにお伝えしました。「奥さんはショッピングモールに向かうと、男性の車に乗りラブホテルへ。2時間後に出て、再びショッピングモールからご帰宅されました」。直樹さんは顔面蒼白となり、「やっぱりそうでしたか・・・」と一言。

奥様の浮気理由は、ご主人が仕事が忙しすぎるので、寂しさを埋めるためにだったそうです。あまり深い仲になりたくないと、浮気男性とは出会い系サイトで知り合ったそうです。互いのプライベートを詮索することなく、疑似恋愛とセックスを求めたのかもしれません。

小学校に上がった息子にあまり手がかからなくなり、ぽっかりと空いた昼間の時間。その時間を持て余す奥様は、浮気で時間も心も埋め合わせようとしたのかもしれません。

「ごめんなさい!あなたが許してくれるなら、離婚したくない・・・」と懇願したそうですが、妻の裏切りに直樹さんは離婚を決断されたそうです。

妻の浮気でシングルファーザー!?広島でも増えてる仕事人間の悲劇

離婚・シングルファーザーの不安(イメージ)
離婚・シングルファーザーの不安(イメージ)

現在は、協議離婚の話し合い中の直樹さん。息子の親権は不倫した妻に渡したくないと考えているそうです。

とは言え、仕事が多忙で、まだ小学生の息子の面倒を見れるかどうか、シングルファーザーへの不安はいっぱいなんだそうです。


結局、妻の浮気も何もかも、仕事が忙しすぎた私が全ての原因かもしれません」とひとり愚痴っているそうです。だとしても、浮気は浮気。「寂しいから・・・」と理由をつけて浮気をする妻は言語道断です。

広島でも人手不足は深刻になりつつあり、長時間勤務、荷重労働が増える経済状況が続くと予想されます。好景気は嬉しいことですが、それに伴い浮足立って、家族を壊しかねない不倫や浮気が増えるのも事実です。

元夫が親権を持つ離婚は、それほど多くなく全体の1~2割程度だそうです。その離婚理由の一部には、元妻の浮気や不倫が原因であることもおおよそ想像がつきます。もし、奥さんの行動に不信があり、「もしかしたら、浮気をしているのかも」と悩んでいる方は、一度、広島市中区にあるもみじ探偵社へご相談に来られてはいかがですか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)