広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵調査員も驚き!?三遊亭円楽さんの不倫騒動?謝罪会見?

2016年6月17日

テレビを見ていたら、いつも変わらぬ笑顔の三遊亭円楽さんが写っていました。芸能記者に囲まれ朗らかな表情を浮かべ、どっと笑いをとる。特に疑問を感じませんでしたが、画面右上のスーパーに「円楽師匠 不倫で謝罪会見!」との文字が躍っているではないですか!
さすが落語家!サッカー長友選手とタレント平愛梨さんの結婚報道を受けて「アモーレ円楽に改名しなきゃ」など、会見場に笑いが起こっていました。

FRIDAY - 2016年7月1日号 三遊亭円楽「謝罪会見(秘)エピソード」紙面より
FRIDAY – 2016年7月1日号 三遊亭円楽「謝罪会見(秘)エピソード」紙面より

!!不倫で謝罪会見で!!笑顔???・・・理解に苦しみます。
三遊亭円楽さん(66)といえば、日本テレビ系列の長寿番組「笑点」に長らく出演されており、勇退された桂歌丸さん(79)に代わって司会になると期待されていました。笑点の司会は、年齢が若い春風亭昇太さん(56)が継ぐこととなりました。

三遊亭円楽さんの不倫が報じられたのは、写真週刊誌フライデー(2016/06/24号)です。詳しい内容は、ぜひフライデーをご購入して読んでほしいのですが、お相手は20歳以上も若い一般人の女性です。ラブホテルへと入るお二人の姿がばっちりと映っており、老いらくの恋などと揶揄されました。

きっと円楽さんの奥様も怒ってるだろうし、離婚に発展するのかもと、虎視眈々と質問を練っていた芸能記者たち。まったく肩すかしの爆笑!不倫謝罪会見となってしまいました。それもこれも円楽さんの人徳なのでしょうか。

不倫を許せる夫婦関係!?不倫調査員が見た現実

探偵調査会社に何度も不倫調査を依頼してくるご婦人がいらっしゃいます。探偵会社としては大変うれしい常客ではあるのですが、「えっ!離婚されていなかったんですか」と質問してしまいます。あれだけご主人の行動に落胆し、激怒した方が今もなお夫婦関係を維持し、再び調査の依頼をされる。

不倫なのか浮気なのかの違いで、その後の夫婦関係の修復が違います。不倫でご夫婦の気持ちが離れてしまえば離婚となりますが、浮気なら許してしまう女性も多くいます。「浮気は男の甲斐性」などという言葉がいまだに語られているところからすると、寛容に考える女性も多いのかもしれません。

謝罪会見の三遊亭円楽さん FRIDAY - 2016年7月1日号 紙面より
謝罪会見の三遊亭円楽さん FRIDAY – 2016年7月1日号 紙面より

浮気するほど魅力的で経済力にも自信がある男性。それも含めて夫として男性として愛しているのでしょうか。それに浮気性の男性の特徴は、マメでであること。妻に浮気を勘付かれないために、仕事中であっても普段からマメに連絡をします。もちろん、奥様の誕生日や結婚記念日を忘れることなどありません。

そんな魅力的な男性ですから浮気なんて許してしまうのかもしれません。浮気調査結果を突きつけて、罪滅ぼしのプレゼントをもらえば、留飲を下げる女性も時折いらっしゃいます。数としては少ないですが離婚を目的としない、不倫・浮気調査依頼があることも事実です。

浮気の後始末 三遊亭円楽さんご夫婦の場合

三遊亭円楽さん(66)は浮気謝罪会見で、「仲間とゴルフをする際にはこれからも(女性と)会う。落語が聴けなくなって可哀想」と述べています。ホテルに行くことはないが、友人として女性と付き合っていくと公言したのです。浮気関係を清算し、その女性とは一切会うことを止めるというのが普通です。その常識を覆す会見でした。

週刊文春(2016年6月23日号)では、円楽さんの奥様のお気持ちが書かれていました。「ゴルフだの、落語行くのは当たり前でしょ」「向こうは一般人なんだから、あなたが守ってやんなきゃ男じゃないでしょ」と奥様が一枚も二枚も上手!(記事詳細は、週刊文春(2016年6月23日号)をご購入してお読みください。)
奥様の年齢は分かりませんが、還暦をとうに越えたご夫婦には、他人が口出しできない事情があるようです。

週刊文春(6月23日号)とFRIDAY(7月1日)号
週刊文春(6月23日号)とFRIDAY(7月1日)号

色恋は芸の肥やし?夫婦カウンセリングの探偵調査員?

芸能界において『色恋は芸の肥やし』なって言われることがあります。浮気され裏切られた思いをもつ妻にとっては、ハラワタが煮えかえるような言葉かもしれません。それも周りから「芸人の妻なんだから大目に見なさい。」「浮気もできない芸人は大物にならない。」など、浮気を肯定するかのような発言が奥様に突き刺さります。

落語家さんに限らず芸能分野では、様々な人生や人間模様を演じます。特に伝統芸能と呼ばれる落語や歌舞伎、大衆演芸では、徒弟社会の中で、若いころから舞台の上に上ります。その舞台の上で大人顔負けの魅力的な演技するわけですから、様々な人と出会い、その立ち振る舞いが演技の糧となります。

円楽さんの奥様の言葉に戻れば、「身から出たサビ」と円楽さんが謝罪したら、奥様は「サビも味になる」と返したそうです。一般のご夫婦にはあまり見られない、芸能に携わるご夫婦に見られる特別な関係なのかもしれません。

探偵調査員はご依頼を受けた不倫・浮気調査を行い、調査結果をお示しするのが仕事です。ただ、浮気すほど魅力的な夫を、許すも許さないのも奥様次第なのです。夫婦関係には良いことも悪いこともあります。奥様を大切にする気持ちがご主人にあれば、その事実をお伝えすることもあります。
浮気・不倫不貞行為の事実確認はもちろんのこと、普段の夫婦関係を含めて総合的に判断して、最終的なご決断をお勧めします。

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

不倫・浮気ニュースに探偵調査員が迫るの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)