広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆婚約男性の心変わり…?結婚前マリッジブルー男の罠

カテゴリー: 広島の探偵Column
2017年2月28日

婚姻率が低くなって、未婚の男女が婚活などに励んでいるニュースをよく聞きます。もみじ探偵社がある広島でも未婚であることの不安や、ご両親からのプレッシャーなどで婚活されている男女をよく見かけます。広島県内でも婚活パーティーが毎日のように開催されているようです。

やっと見つけた結婚相手、どうしても結婚までこぎ着けたいと焦ってってしまうかもしれません。今回のお話は、結婚直前で踏みとどまった女性の婚約相手調査です。

婚約相手に浮気の影(イメージ)
婚約相手に浮気の影(イメージ)
「忙しいって都合のいい言葉だよね。何をしてても忙しいで片付けられるもん。結婚する前にそれが女遊びで忙しかったって分かってよかったよ・・・」
麻衣さん(仮名)は3ヶ月前に婚約者の正人(仮名)さんとの婚約を解消しました。その原因は、正人さんの浮気だったのです・・・

幸せの絶頂!?結婚前の男心

麻衣さんは、2歳年上の正人さんとの結婚を間近に控えていた27歳。正人さんとは付き合って3年記念日に入籍をする予定でした。

麻衣さんが、正人さんの行動に不信感を抱いたのが、婚約解消から遡ること4ヶ月前・・・。それまで、ほぼ毎日のように麻衣さんの家に遊びに来ていた正人さん。
半同棲状態で麻衣さんの家の鍵も正人さんの家の鍵もお互いが持っていました。

探偵も勘ずく!男のマリッジブルーの真実

しかし、4ヶ月前、いきなり、「最近、忙しいからあんまり会えなくなる。ごめんね。」と正人さんから告げられた麻衣さん。 今までだって忙しくても日にちが変わるくらいの時間でも麻衣さんの家に来ていた正人さん。それが、「忙しい」との理由だけで、麻衣さんの家を訪れる回数が激変したのです。

ほぼ毎日だったのが週に3回になり、週1の時もあるほどでした。
「今日は来られないの?」麻衣さんが聞いても、「今日も忙しくて・・・ごめん。」ただそれだけ。「なんでだろう?」そんな疑問ばかり浮かんできていました。

そんなある日、正人さんが麻衣さんの家に来ていたときのことです。正人さんがお風呂に入っている時に、携帯が鳴ったのです。ディスプレイに映し出されたのは、「真希(仮名)の文字」でした。

スマホにパスワード浮気の影?(イメージ)
スマホにパスワード浮気の影?(イメージ)
残念ながら、携帯にはロックがかかっており、見ることが出来ませんでした。正人さんがお風呂から上がってくると、麻衣さんは「電話あったよ」と伝えました。
「そっか。」と言い、携帯は確かめるもののかけ直す素振りは見せなかったのです。

「いいよ?かけ直しても。」と麻衣さんが告げても「今じゃなくてもいいよ。」とかけ直さなかったのです。真希って誰・・・?麻衣さんは不信感を募らせていました。

探偵による婚約・結婚相手調査を決心!

結婚披露宴イメージ(探偵が幸せのお手伝い)
結婚披露宴イメージ(探偵が幸せのお手伝い)
麻衣さんは、私に、「正人、浮気してる気がするの。だから、忙しいとかって言って会ってくれないのよ。真希って子だと思う。」と。
「でも、証拠がないから問い詰められない・・・浮気してたら、結婚なんてしたくない・・・」そう呟く麻衣さんに私は何も言えませんでした。「どうやったら、証拠って掴めるのかな?」麻衣さんの言葉に、「GPSとか付けてみる?」と私が聞くと、「携帯で相手の位置分かるやつあるからやってるんだけど、場所は分かるけど、何をしているかまでは分からないからね・・・」と。

「じゃあ、探偵に証拠掴んでもらう?」と聞いてみると、「もうそうするしかないのかもしれない。」と麻衣さん。入籍まで時間も少ないため、思い切って探偵に相談することに決めたのです。

「ここに頼んでみようと思う。」そう見せられた探偵事務所のホームページ。後日、探偵事務所に相談をし、調査をお願いする事になりました。

調査をお願いしてから数週間後、探偵事務所に出向いた麻衣さん。調査員の方に見せられたのは、正人さんが浮気相手の家を何度も訪れる写真でした。調査報告書には、何時に訪問して何時に帰宅したかなど事細かに書かれていました。何度もお泊まりをしているということも書かれていました。

麻衣さんは、「私の家に来てないときは、その子の家に行っていたんだね。その子の家に行く回数の方が多い・・・」と。麻衣さんは、この結果を受け、婚約解消を決意。

探偵がお手伝い!女性の幸せ人生

麻衣さんは、婚約解消のこともあるため、双方の両親も交え、話し合いをすることにしました。この結果を話し合いの場で見せ、婚約解消の旨を伝えました。

夫の浮気に悩む女性は多い(イメージ)
夫の浮気に悩む女性は多い(イメージ)
正人さんの顔は真っ青に、正人さんのご両親は相当な剣幕で怒りました。麻衣さんの両親も正人さんに激怒し、それ相応の慰謝料を麻衣さんが頂く形で婚約解消が決まりました。
修羅場にはなりましたが、「入籍の前で本当によかった。」と麻衣さんは言っていました。

今回の麻衣さんのように、婚約ごの入籍まで時間のない中で浮気に気づき、ちゃんとした証拠を自分で掴むと言うことは、かなり難しいことだと思います。
しかし、証拠が掴めないと、浮気だと問い詰めることも出来ません。

結婚はギャンブルではない! 探偵を利用してでも慎重に

証拠がない状態で問い詰めても、はぐらかされてしまうかもしれません。
そうならないための証拠。その証拠を入籍までの時間で掴むには、麻衣さんのように探偵に頼ることも一つだと思います。

婚約相手の本心が分かり、婚約解消できてよかったですね。もちろん麻衣さんの心には大きな傷も残ったでしょう。幸運にも入籍前ということで、バツイチにもならず被害は最小限に留めることができたのではないでしょうか。
もみじ探偵社のある広島市内各所の結婚式場では、毎週末に多くの結婚式が挙げられております。本当の幸せな結婚に向かってもう一度頑張る彼女を心から応援します。

結婚は、人生の中で大きな決断です。
その決断にあたって、「浮気をしているかもしれない」と言う疑念は、目を瞑るには大きな問題です。その決断の際に、結婚相手についてしっかり調べると言うことも大切なのではないでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)