広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆互いに自由を尊重した夫婦に浮気の疑惑が?夫は、妻の浮気を確信し、探偵に浮気調査を依頼

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年6月6日

妻が浮気?LINEのやり取りから浮気を確信した夫は、探偵に相談をすることに

くつろぐ若いカップル
お互い多忙ながらも良い夫婦関係だったのだが(イメージ)

先日、相談に来られた勇太(仮名)さんは、同い年の歌織(仮名)さんと5年前に結婚した32歳。勇太さんも歌織さんも会社は違うものの、営業マンとして働いており、お互いに多忙な毎日。

子供さんはおらず、お互いの自分の時間を尊重し合った生活を送っているため、束縛や干渉などはほとんどしないのだそうです。外泊や旅行も誰とどこに行っているのかさえ言っていれば、お互いに反対をすることもないのだそうです。

営業なので、お互い、残業や飲み会に接待と忙しく、夕食も一緒に食べられないほど。それでも、同じタイミングでお休みを取り、旅行をしたり、デートをしたりと、勇太さん自身夫婦仲良くやれているなと思っていたのだそうです。

そんなある日のこと。勇太さんがお休みで、奧さんがお仕事だったのだそうです。奧さんが出勤したあと、勇太さんはリビングに忘れられた奧さんの携帯を発見したのです。

忘れているんだなと思ったのと同時に、いつもは気にしないようにしていた奧さんの知らない部分が気になってしまったのだそうです。気になってしまった勇太さんは、奧さんの携帯を見てしまったのだそうです。

妻のLINEにとんでもないやりとりが!(イメージ)
妻のLINEにとんでもないやりとりが!(イメージ)

奧さんは、いつも勇太さんが携帯など見ないと言うことで安心していたようで、ロックの解除の番号も勇太さんの思いつく簡単な番号だったのだそうです。なので、奧さんの携帯の中身を見れたのだそうですが、そこには、男性とのLINEのやりとりがいくつも残されていたのだそうです。

「なにこれ?」と驚いたという勇太さん。驚きながらも気になり、内容を見ていくと、「昨日は楽しかった」「今度は旅行に行こう」「好きだよ」とどう考えても浮気をしているとしか思えないような内容ばかりだったのだそうです。

「あいつ、浮気しているんだ」ととてもショックを受けたのだそうです。それから、何度も奧さんに浮気のことを問い詰めようとした勇太さん。しかし、携帯を勝手に見てしまったという罪悪感もあり、奧さんを問い詰めることが出来ずにいたのです。

それでも、浮気を疑っているため、奧さんに対してもどこかぎくしゃくしてしまっていたり、不機嫌な態度を取ってしまったり、奧さんが旅行に行くと言えば、「どこに誰と行くの?本当にその子と行くの?」と何度も何度も聞いてしまったり…そのせいで、どんどん夫婦仲は悪くなっていったのだそうです。

勇太さんは、このままではいけないと思い、浮気の証拠をちゃんと掴んで奧さんに浮気を認めさせて、浮気を止めさせたいと思ったのです。そこで、勇太さんは、浮気の証拠を掴むために、探偵に調査を依頼することにしたのです。

そして、相談に来られた勇太さん。「妻は、浮気をしているのは確実なんです。浮気を止めさせるために、浮気を認めさせられるほどの証拠が欲しいんです。」と。調査の方法や料金の見積りなどをお話させていただいて、勇太さんは安心をされ、調査を依頼されたのです。

妻の浮気が判明するも、今回に限り許すことを決めた夫

後日、結果を聞きに来られた勇太さん。

調査の結果妻が浮気をしていたことが明らかに(イメージ)
調査の結果妻が浮気をしていたことが明らかに(イメージ)

「奧さんは、ある男性と親密な関係のようです。相手の男性の自宅を訪れていたり、一緒に旅行に行っていたりしていました。」と調査報告書と写真をお渡しすると、「これで、妻と話が出来ます。ありがとうございます。」と勇太さん。

後日、どうなったのかを伺うと、「妻に証拠を見せると、驚いていました。本気で、バレていないと思っていたようです。その後、何度か話し合いをして、今回だけは浮気を許すと言うことで、離婚はしないことにしました。相手の男性からは慰謝料を頂きましたけど。」と勇太さんは、話してくれました。

不貞行為の証拠が欲しい!そんなときは、探偵に相談を

LINEでのやりとりや通話履歴など浮気を疑うものを発見してしまった…ということはよくあることだと思います。これらも浮気の証拠とはなりますが、決定的証拠にはなり得ません。LINEでのやり取りや通話履歴などでは、不貞行為の証明は出来ないのです。不貞行為とは、肉体関係があったことを証明する必要があるのです。

そうなると、LINEのやり取りや通話履歴では難しいのです。そこで、不貞行為の証明をしたいのであれば、ラブホテルに2人で出入りしている写真だったり、相手の家に何度も出入りしている写真だったりが必要になってくるのです。

しかし、そういう写真を撮ろうとすると、相手の行動を把握しておかなければなりません。そうなると、尾行をしている必要があります。ですが、尾行をするとなると、時間的にも体力的にもどうしても難しいものです。

そこで、活用して頂きたいのが探偵の浮気調査なのです。もし、浮気されているかも?と思い、証拠が欲しい!そんなときは。探偵に1度相談に堪えてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)