広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆妻の元に届いたライン…夫は、妻の浮気を疑い、決定的証拠を掴むために探偵に調査を依頼することに

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年5月21日

妻の元に届いたラインがきっかけで浮気を疑った夫は、探偵に調査を依頼

先日、相談に来られた有司(仮名)さんは、3歳年下の芽依子(仮名)さんと6年前に結婚した33歳。有司さんは、工業で働いており、繁忙期には残業をすることも多いのだそうです。たまに、休日出勤をすることもあり、家を空けることも多いのだそうです。

働き初めていきいきしてきた妻に喜んでいたが(イメージ)
働き始めていきいきしてきた妻に喜んでいたが(イメージ)

奥さんは、4年前に娘さんを妊娠したのを仕事を退職し、それ以降は、子育てもあり専業主婦として有司さんを支えていたのです。ですが、娘さんが3歳になり、保育所に預けたことにより、奥さんはパートをすることにしたのだそうです。娘さんが保育所に行っている間だけの時短勤務ですが、久しぶりに仕事を始めた奥さんはとてもイキイキしているようで、有司さんも「芽依子は働きに出てから楽しそうだな。よかった!」と思っていたようです。

そんなある日のこと。有司さんはあるものを見つけたのです。それは、奥さんに届いた1通のラインの通知でした。そこには、“まぁくん”と名前があり、「明日、いつものところで。」という内容だったのだそうです。「まぁくんって誰?いつものところでってことはよく会っているということか?!」と思った有司さん。「もしかして、浮気じゃないのか?」と思った有司さんは、すぐさま奥さんを問い詰めたのだそうです。

「まぁくんって人からライン来てたぞ!お前は浮気をしているのか!」と有司さんが聞くと、奥さんは、「何で勝手に見ているのよ!浮気なんかしてないわよ!」と。「じゃあ、まぁくんって誰なんだ!」と聞く有司さんに、「何でそんなことあなたに言わないといけないの?」と奥さんは何も教えてはくれないのだそうです。

妻に怪しいLINEのメッセージが(イメージ)
妻に怪しいLINEのメッセージが(イメージ)

その後、奥さんは機嫌が悪くなりそれ以上聞ける雰囲気ではなくなったのそうです。有司さんは奥さんの態度でどうしても浮気の疑いを拭うことは出来なかったのです。それでも、もし、浮気をしていても今回有司さんが奥さんに問い詰めたことで、きっと奥さんは浮気を止めてくれるだろうと有司さんは考えたのだそうです。なので、それ以上奥さんに浮気を問い詰めることはしなかったのだそうです。

しかし、有司さんはそれから1ヶ月くらい経ったあと、あるものを発見してしまったのです。それは、また携帯に届いたラインの通知だったのです。そこには、また“まぁくん”と名前があり、「昨日は楽しかったよ♡」と。その通知を見た有司さんは、「やっぱり浮気をしている!あれ以降さすがに止めたと思っていたのに…」と思ったのだそうです。

このまま奥さんを問い詰めようとも思った有司さんでしたが、「きっとこれで聞いたところで、また同じように言われるだけだ…浮気をちゃんと認めて欲しいから、証拠がないといけない…」と思ったのだそうです。そこで、どうしたら、証拠が掴めるのか考えた有司さん。

携帯を見ようにもロックがかかっているため、内容を全て確かめることが出来ません。尾行をしようにも仕事も忙しく、奥さんの尾行をすることも出来ません。なので、有司さんは、探偵に依頼して奥さんの行動をしっかり調べて貰い、決定的証拠を掴みたいと考えたのだそうです。決定的証拠があれば、奥さんもきっと浮気を認めるだろうと思ったのです。

そして、先日、相談に来られた有司さん。「浮気をしているのは確かだと思うんです。でも、僕だけでは、どうしても芽依子に浮気をしていると認めさせるほどの証拠を見つけることは出来ません。なので、決定的証拠を掴んでください。お願いします。」と。有司さんに調査の方法や料金の見積りなどをお話しさせて頂くと、納得をされ、浮気調査を依頼されたのです。

妻の浮気が判明し、夫は離婚を決意!

後日、結果を聞きに来られた有司さん。

昼間から浮気をしていた妻に唖然(イメージ)
昼間から浮気をしていた妻に唖然(イメージ)

「奥さんは、同じ職場の年下男性と親密な関係のようです。仕事だと嘘を吐いてその男性と昼間からラブホテルに行かれていることもありました。」と有司さんに調査結果報告書と写真をお渡しすると、「年下の彼氏ですか…だから、仕事が楽しそうだったんですね。彼氏が出来ていたから…はぁ…」ととてもショックを受けておられました。

後日、どうなったのかを伺うと、「芽依子に写真を見せるとすごい動揺してましたよ。まさか、僕がここまでやるとは思ってなかったみたいで。寂しかったとか遊びだとか色々言われましたけど、どうしても許せなくて離婚することにしました。」と有司さんは話してくれました。

浮気かも?と悩んだら、1度、探偵に相談を

もしも、奥さんの浮気を疑ったら、あなたはどうしますか?見て見ぬフリをする人もいるでしょう。今回の依頼者のようにすぐに問い詰める人もいるでしょう。その場で、正直に浮気を認めてくれる人もいるでしょうが、証拠がない状態であるとシラを切る人も多いのです。

なので、相手に浮気を認めさせたいと思ったら、決定的証拠が大切になってくるのです。決定的証拠とは、第三者から見ても浮気をしていると思われるものです。例えば、ラブホテルに二人で出入りしている写真です。しかし、そのような決定的証拠を掴もうと思うと、相手の行動を調べる必要があるので、尾行をする必要があるのです。ですが、自分で調べようと思うと、仕事をしていたりするとやはり難しいのです。

そこで、活用して頂きたいのが、調査のプロである探偵なのです。もしも、奥さんが浮気しているのかも?と悩んだときには、1度、探偵に相談に来られてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)