広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆年下夫に届いたLINEの通知がきっかけで浮気を疑った妻…浮気なのかをはっきりさせるために探偵に相談をすることに

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年4月18日

年下夫がまさかの浮気を?!妻は、浮気かをはっきりさせたくて探偵に相談

先日、相談に来られた久美子(仮名)さんは、3歳年下の旦那さんと7年前に結婚した38歳。5年前に子供さんの妊娠を機に専業主婦になっていた久美子さんですが、2年前から時短ではあるもののパートを始めたと言います。旦那さんは、大手企業で営業として働いているため、残業も多く、飲み会や接待も多いために、家のことはほとんど出来ないので、久美子さんが家事に育児にと奮闘していたのです。

子育ても家事も自分一人でほとんどやっていた久美子さんは、旦那さんに不満は持っていたものの、「いつもありがとう。」といつも感謝の言葉を伝えてくれる旦那さんと、「結婚してよかった!」と久美子さんは思っていたのです。そんなとき、久美子さんは、旦那さんの浮気を疑ってしまうことが起こったのです。

旦那のLINEに女性からのメッセージ!?(イメージ)
旦那のLINEに女性からのメッセージ!?(イメージ)

それは、旦那さんの携帯に届いたLINEの通知だったのです。その内容は、女性からのもので、「今度いつ会えるの?○○行きたい!」というものだったのです。その内容を見て、久美子さんは、「もしかして、浮気…?!」と思ったのです。他のやり取りも見ようと思った久美子さんでしたが、携帯にロックがかかっていたため、見ることが出来なかったのです。

そして、浮気かもしれない…と思った久美子さんは、インターネットで浮気のチェック法を調べ、旦那さんがいくつ当てはまっているのかを調べたのだそうです。よくよく思い返しながら、浮気のチェック法を見てみると、携帯にロックを掛けている・電話が掛かってきてもよく「折り返しかける」と言って切っている・旦那さんの車に久しぶりに乗ると、助手席の位置が変わっている…など、何個も当てはまっていると気付いたのです。

「本当に、浮気かもしれない…」と思った久美子さんは、旦那さんに直接問い詰めることにしたそうです。そうすると、旦那さんは、「浮気なんかじゃないよ。俺のこと信用できないの?」と。そこで、久美子さんは、「信じたいから、携帯を見せてくれない?女性とのやり取りあるでしょ?」と聞くと、「女性となんか連絡取ってないよ!取ってないんだから、見せない!」と怒って自室に戻っていったそうです。1度、やりとりを見ている久美子さんは、「嘘を吐いている!嘘を吐くってことは、やましいことがあるんだ…」と思ったそうです。

不信感は募るばかり(イメージ)
不信感は募るばかり(イメージ)

旦那さんに問い詰めたことで、より浮気の疑いを大きくした久美子さんは、浮気かどうかをはっきりさせたいと思ったのだそうです。しかし、旦那さんを問い詰めてもきっと正直に話してはくれないと思った久美子さんは、他の方法で浮気かどうかを知ることは出来ないか…?と考えたのだそうです。

そこで、インターネットで調べてみると、浮気かどうか調べる方法が載っており、確実なのは尾行して旦那さんの行動を調べることだと思った久美子さん。自分で尾行することも考えたそうですが、子供さんもいて、パートもしている久美子さんには、尾行することは難しかったのです。

そこで、浮気調査がいいのではないか?と思った久美子さんは、先日相談に来られたのです。「浮気だったら、これからのことしっかり考えたいんです。もし、浮気であれば、相手の女性のことも調べてください!」と久美子さん。調査の方法や料金の見積りなどお話をさせて頂いて、久美子さんは安心をされ、浮気調査を依頼されたのです。

会社の部下と浮気をしていた夫…妻は離婚を決意し、慰謝料を請求することに

浮気相手は会社の部下(イメージ)
浮気相手は会社の部下(イメージ)

後日、結果を聞きに来られた久美子さん。

「旦那さんは、会社の部下の女性と親密な関係のようです。仕事終わりに二人でラブホテルに行っていたり、ドライブでデートをしていたりしていました。」と久美子さんにお話しさせて頂くと、「会社の子だったんですね…はぁ…」ととてもショックを受けておられました。

後日、どうなったのかを伺うと、「旦那に証拠を見せると、すごく驚いていました。探偵まで使うって思ってなかったんでしょうね。よくよく考えて、やっぱり許せなくて離婚することにしました。二人からはしっかり慰謝料は頂きますけど。」と久美子さんは話してくれました。

浮気かもしれない…と悩んだら、1度、探偵に相談を

浮気かもしれない…と思ったときに、実際に浮気をされていたとしたら、あなたはどのような対応を望みますか?「浮気をやめさせたい!」「離婚したい!」「慰謝料を取りたい!」「浮気を認めさせたい!」色々あると思います。それらを実現させようとすると、必要となってくるのは、浮気の証拠なのです。

証拠とは、第三者から見ても「浮気だ!」と分かるものである必要があります。なので、通話履歴やメールのやり取りでは認められないこともあります。では、第三者から見ても「浮気だ!」と分かるものはどんなものなのでしょうか?

それは、ラブホテルに二人で出入りしている姿や相手の家に出入りしている姿を撮った写真や動画なのです。しかし、それらを撮ろうとすると、小さい子供さんがいたり、お仕事をしていたりすると、難しいのです。

そこで、活用して頂きたいのが探偵なのです。もし、浮気かもしれない…と思ったら、1度、探偵に相談されてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)