広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆近所の人からの密告で夫の浮気を疑った妻…浮気を止めさせたいと思い、証拠を掴むため、浮気調査を依頼

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年4月16日

夫がまさかの浮気?!夫の浮気の証拠を掴むために探偵に相談をすることに

先日、相談に来られた碧(仮名)さんは、2歳年上の旦那さんと6年前に結婚した34歳。青井さんは、3年前に娘さん、1年前に息子さんを出産し、家族4人で暮らしています。碧さんは、娘さんの妊娠を機に専業主婦となり、旦那さんを支えています。

医者の旦那に経済的な不満はないが…(イメージ)
医者の旦那に経済的な不満はないが…(イメージ)

旦那さんは、医師として働いており、多忙な毎日なのだそうです。平日は病院での勤務、土日も出張なども多く、家で過ごすことはとても少ないという旦那さん。もちろん、不満もあったと言う碧さんですが、「旦那がいてくれるから、私も子供達も何不自由なく暮らせているんだ。」と旦那さんに不満をぶつけることはなかったのだそうです。

また、家計は旦那さんが持ち、碧さんは旦那さんから生活費を貰っていたのだそうです。そのことについては十分すぎる金額を貰っていたそうで、全く不満はなかったのだそうです。

そんなある日のこと。碧さんは近所の人からあることを聞いたのだそうです。その内容は、「この前、先生が若い女の子とをホテルに入るのを見たよ。」という旦那さんが浮気をしているのではないと?というものだったのだそうです。

「旦那に限ってそんなことはないはず…」という思いもあったという碧さんですが、それと同時に、「自由になるお金もあるし、もしかすると、浮気をしているのかもしれない…」という思いもあったのだそうです。そして、実際はどうなのだろう…?と思った碧さんは、本当に浮気なのかどうかを確かめたいと思ったのです。

旦那のクレジットカードに不信な明細が…(イメージ)

そこで、碧さんは、旦那さんの書斎を調べてみることにしたのです。そうすると、クレジットカードの明細書を見つけたそうです。そこには、いろいろな明細が印字されていたそうですが、中には、高級ブランド店で購入していたり、ホテルで泊まっていたり、高級レストランで食事をしていたりというものだったそうです。

ホテルは出張で使っていたり、高級レストランは仕事関係の人と食事に行っていたのかもしれません。しかし、高級ブランド店での購入品だけは明らかにおかしいと感じた碧さん。何故かと言うと、旦那さんはブランド品には全く興味がなく、お店に行ったり、ましてや、自分のためにバックを購入しているとはどうしても思えなかったからです。このことがあり、「もしかして、誰かにプレゼントしたものなの?」と思ったのだそうです。

そうすると、旦那さんへの浮気の疑いがどんどん大きくなったのだそうです。浮気かもしれないと思えば思うほど、「もしも、浮気をしているのなら、早くやめて欲しい…」と思ったのです。そして、もし、浮気をしれていても碧さんは旦那さんのことが大好きで、そして、子供さんもいるので、離婚をする気は全くないのだそうです。なので、碧さんは、浮気かどうかをはっきりさせて、もし、浮気をしているのならやめて欲しいと思ったのです。

そこで、まずは、浮気かどうかをはっきりさせたいと思ったのだそうです。旦那さんの携帯電話を調べると、ロックがかかっており、全く見ることは出来なかったのです。他にどんな方法があるかを考えたときに、碧さんは、旦那さんの行動をしっかりと把握するには、尾行が1番いいのではないかと考えたのです。

しかし、碧さんには小さな子供さんが二人いるので、現実的に自分で尾行をするのは難しいと思ったのです。そこで、探偵の浮気調査がいいのではないか?と思い、探偵に相談に来られたのです。「浮気しているのかどうかはっきりさせたいんです!」と碧さん。そして、碧さんは、「旦那に気付かれないように出来ますか?」と不安を抱かれていたので、調査の方法などをしっかりと説明させて頂いて、碧さんは安心をされ、浮気調査を依頼されたのです。

夫の浮気の証拠を掴んだ妻。夫は妻へ土下座して謝罪し、関係を修復することに

調査の結果、浮気旅行も発覚(イメージ)
調査の結果、浮気旅行も発覚(イメージ)

後日、結果を聞きに来られた碧さん。

「旦那さんは、ある女性と親密な関係のようです。出張だと嘘を吐いてその女性と旅行に行かれていることもありました。」と結果報告書と写真をお渡しすると、「やっぱり…本気なのかなぁ…」ととてもショックを受けておられました。

後日、どうなったのかを伺うと、「旦那に証拠を見せたら青ざめていました。浮気は認めてくれて。離婚した方がいいのかとも思ったんですけど、土下座して謝ってくれたので。今回だけでは許すことにしました。もちろん、相手の女性からは慰謝料を少しですけど、貰います。」と碧さんは話してくれました。

浮気の証拠を掴みたい!そんなときは、探偵に相談を

ホテルに入っていくという目撃情報も写真がなければ何の証拠にもなりません。高級ブランド店でのバックの購入履歴も怪しいとは思っても証拠とはなり得ません。もし、相手に浮気を認めさせたいのであれば、証拠は必要となります。しかし、通話履歴やLINEのトーク履歴、メール履歴では証拠にならないのです。もちろん、目撃情報も購入履歴も同じです。

証拠というのは“不貞行為”、つまり、体の関係があることを証明するものをいいます。例えば、ラブホテルに二人で手を繋いで出入りしている写真などです。そのような写真を撮ろうと思ったら、相手の行動を尾行などして把握しておくことが大切なのです。しかし、子供さんが小さかったり、仕事をしていたりすると、自分で尾行するとなると難しいものです。

そこで、活用して頂きたいのが探偵の浮気調査なのです。もし、浮気をされているかもしれないと悩んでいるときは、1度、探偵に相談に来られてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)