広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆1枚のレシートがきっかけで夫の浮気を疑った妻。決定的証拠を掴むために探偵に相談をすることに

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年4月11日

夫がまさかの浮気?1枚のレシートから夫の浮気を疑った妻は、探偵に相談

先日、相談に来られた淳奈(仮名)さんは、3歳年上の旦那さんと9年前に結婚した41歳。淳奈さんは、旦那さんとの結婚を機に専業主婦に。そして、8年前に生まれた子供さんが小学校へ入学したのを機にパートとして働き始めたのだそうです。

夫婦の時間を大切にしていたが(イメージ)

旦那さんは、サービス業なので土日の関係のないシフト休みで、基本的には平日にお休みがあります。それとは逆に、淳奈さんは子供さんのお休みに合わせているため、土日休みです。なので、淳奈さんがパートに出始めてからは、家族で一緒に過ごす時間が減ってしまったのだそうです。

それでも、旦那さんが8時に仕事が終わり、その後帰宅してからの数時間は、淳奈さんと旦那さんは今日あった出来事などをお互いに話し、その時間が二人にとってとても大切な時間だったのです。しかし、最近は、旦那さんのお仕事が忙しくなったようで、帰宅時間が11時、12時と遅くなる日もあり、二人で話す時間さえ少なくなってしまい、淳奈さんは寂しく思っていたのです。

それでも、「残業が増えているということは、お給料も上がるはず!」と淳奈さんは思い、寂しい気持ちを我慢していたのです。そして、その後、旦那さんの給料明細を見てみると、何故か今まで変わらない額面の給料明細だったのです。「何で?結構残業しているはずなのに…」と淳奈さんは思ったのです。

なので、淳奈さんは、旦那さんから話を聞くことにしたのです。「何で、残業しているのに、給料が変わらないの?」と淳奈さんが聞くと、旦那さんは、「サービス残業なんだよ…」と。結婚して9年間、同じ職場で働いている旦那さん。今まで残業をすることはあってもきちんとお給料には反映しており、サービス残業など今までに一度もなかったので、淳奈さんは驚いたのです。

そのことも旦那さんに聞くと、「こういうこともあるから。仕方ないんだよ。」とどこか面倒くさそうに答えるのだそうです。 そのときは、サービス残業なんて大変だな…と思ったという淳奈さんですが、その後、浮気なのかもしれないと疑う出来事が起きたのです。それは、残業で帰宅が11時になった日の次の朝、旦那さんの服を洗濯しようとポケットの中に何も入っていないかを確かめていたとき、レストランのレシートを発見したのです。

不信な旦那のレシートを発見(イメージ)
不信な旦那のレシートを発見(イメージ)

そのレシートは、昨夜残業だと言っていた9時頃レストランで会計しているものだったのです。そのレシートから、2人でレストランで食事していたことが分かったのです。「残業だって言っていたのに、レストランだなんて…!」と思った淳奈さんは、旦那さんが帰宅した後に、「残業って言ってたのに、レストラン行くってなんなの?」と旦那さんを問い詰めたのだという淳奈さん。

そんな淳奈さんに、旦那さんは、「付き合いだよ!付き合い!」と。今までも付き合いで飲みに行くことは多かったという旦那さんですが、今までは居酒屋ばかりだったのだそうです。それが、レストランでしかも2人で行っているということで、淳奈さんは、「今までみたいな飲みとかじゃなくて、女と2人きりでご飯に行っていたんじゃないのか?」と思ったのだそうです。

「浮気しているのかも?」と考えれば、残業だと帰宅が遅いことも、サービス残業だと言い残業でもお給料に反映されていないことも辻褄が合うのではないかと淳奈さんは思ったのです。そう思った淳奈さんは、旦那さんが浮気をしているのではないかと思い、旦那さんの携帯を調べることにしたのだそうです。

そうすると、旦那さんのLINEを開くと、「まきちゃん」という女性とやり取りをしているのを見つけたのです。内容は、「好きだよ」や「早く離婚したい」、「この間は楽しかったね」といった親密な関係を思わせるものだったのです。その中でも、「早く離婚したい」という旦那さんの言葉にとてもショックを受けた淳奈さん。

そして、「離婚されるくらいなら、浮気の決定的証拠を掴んで、旦那と相手の女性から慰謝料を取りたい!」と思ったのです。 そこで、決定的証拠を掴むために、どうすればいいのかをインターネットで調べた淳奈さんは、探偵の浮気調査が1番いいのではないか?と考え、探偵に相談に来られたのです。

「旦那が浮気しているのは確実なんです。証拠を掴んでください!」と淳奈さん。調査の方法や料金の見積りなどをお話しさせて頂いて、淳奈さんは納得をされ、浮気調査を依頼されたのです。

夫の浮気の決定的証拠を得た妻は、慰謝料を請求し離婚を決意!

言い訳できない証拠を掴めた(イメージ)

後日、結果を聞きに来られた淳奈さん。

「旦那さんは、会社の部下の人と親密な関係のようです。一緒にラブホテルに出入りしている姿もありました。」と調査報告書と写真をお渡しすると、「これだけの証拠があれば、旦那を問い詰めることが出来ますね。ありがとうございました!」と淳奈さん。

後日、どうなったのかを伺うと、「旦那に証拠を見せたら、びっくりしてました。さすがに、許せなかったので、慰謝料を二人から貰って離婚することにしました。」と淳奈さんは話をしてくれました。

浮気の決定的証拠が欲しいと思ったら、1度、探偵に相談を

今回の依頼者は、携帯のやり取りやレシートからある程度の証拠を掴んだ状態で相談に来られました。浮気であるとは思っているものの、慰謝料を取りたいと考えていた今回の依頼者は、決定的な証拠を掴むために探偵の浮気調査を依頼されたのです。

メールのやり取りやレシートだけでは、決定的証拠とは言えず、もし、調停や裁判になったときに証拠として使えないのです。 しかし、決定的証拠を自分で掴もうとすると、尾行などをしなければならず、とても難しいのです。そんなときに活用して頂きたいのが、探偵の浮気調査なのです。

浮気の決定的な証拠を掴みたいと思ったら、1度、探偵に相談に来られてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)