日本データバンクは広島を中心とする西日本最大手の探偵事務所・興信所。浮気・結婚・家出・行方不明調査などあらゆる調査で実績ある調査会社です。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆夫と喧嘩の毎日…浮気を疑った妻は、母のアドバイスを受け、探偵に浮気調査を依頼することに

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年3月14日

夫の浮気を疑い、夫と喧嘩が絶えなくなってしまった妻

先日、相談に来られた美代(仮名)さんは、1歳年上の真人(仮名)さんと5年前に結婚した36歳。子供さんを妊娠したのを機に結婚し、子供さんが3歳になったのを機に美代さんはパートを始めたのです。旦那さんは、大手企業の営業マンとして働き、仕事仕事の毎日でお家で過ごす時間は少なかったのだそうです。なので、「家族で一緒に過ごしたい」美代さんと、「仕事だからしょうがないだろ」と考える旦那さんとでいつも喧嘩が絶えなかったのだそうです。

夫との喧嘩が耐えない日々

そして、残業だと言い日付が変わって帰宅したり、休日も仕事だと言ったり、接待や飲み会も多く、家を空けることの多い旦那さんに、美代さんは、「仕事じゃなくて、他に女性でもいるんじゃないの!?浮気でもしているんじゃないの?!」と罵るようになっていったのだそうです。

そうやって毎日のように罵られ続けた旦那さんは、余計に家を空けるようになっていったのだそうです。そんな状況にますます旦那さんに不信感を抱いた美代さんは、旦那さんの行動一つ一つが目につくようになったのだそうです。携帯を触っていたら「女性と連絡取っているの?」と思ってしまったり、身だしなみをいつも以上に気をつけているように思ってしまったり…旦那さんの行動が全て浮気をしているというように結びつけてしまっていたのだそうです。

母に相談し、浮気かどうかはっきりさせるために探偵に相談をすることに…

思い切って探偵に相談(イメージ)
思い悩んで探偵に相談(イメージ)

そんな自分が嫌で、美代さんは、何かあったら相談をするのだというお母さんに相談したのだそうです。そうすると、お母さんは、「本当に仕事かもしれないじゃない。浮気してなかったら、真人君がかわいそうじゃない。」と美代さんに話したのだそうです。しかし、美代さんは、お母さんから言われた言葉も素直に聞くことが出来ずに、浮気かも?という疑いを拭うことが出来なかったのだそうです。

それでも、お母さんは、「真人君に強く当たってばかりで…このままじゃあなたたち上手くいかないわよ?」と美代さんに話したのだそうです。その言葉を聞いた美代さんは、「私だって旦那に当たりたいわけじゃない…出来たら、仲良くしたい。でも、はっきりさせないとどうしても浮気を疑ってしまう…」と。その言葉を聞き、お母さんは、「じゃあ、はっきりさせなさいよ。浮気かどうかはっきりさせるの。」と。

そして、美代さんは、お母さんのアドバイスもあり、旦那さんが浮気をしているのかどうかをはっきりさせようと思ったのです。しかし、どうやったら、はっきりさせられるのか分からなかったと言う美代さんでしたが、お母さんに「この際だから、探偵に浮気調査して貰ったら?」と言われ、探偵に相談に来られたのです。

「旦那が浮気をしているかどうかはっきりさせてください!このままだと夫婦仲がどんどん悪くなってしまうんです…」と言う美代さん。そして、調査の方法や料金の見積もりなどを説明させていただき、美代さんは納得をされ、浮気調査を依頼されたのです。

夫は浮気をしていないことが発覚!

後日、結果を聞きに来られた美代さん。

夫の浮気を否定する調査結果が(イメージ)
夫の浮気を否定する調査結果が(イメージ)

「旦那さんには、親密に交際している女性の姿はありませんでした。飲み会や接待で職場の方と一緒に飲みに行くことはありましたが、親密な交際をしているという事実はありませんでした。休日出勤や残業も本当に仕事だったようです。」と調査報告書と写真をお見せすると、美代さんは本当に浮気をしていると思っていたようで、「本当ですか…?」ととても驚いていました。

後日、その後どうなったのかを伺うと、「旦那に浮気調査をしたことを伝えました。その結果何もなかったと分かったと言うこととこれまで思っていたことを正直に話して、二人でじっくり話し合いました。今回、調査をお願いして本当に良かったと思ってます。調査をお願いしてなかったら、きっと、旦那は浮気をしているとずっと疑っていたと思うので。」と美代さんは話をしてくださいました。

浮気かどうかをはっきりさせたいときは、探偵に相談を

浮気を疑ってしまうと相手の行動の全てに「浮気かも…他の女性と会っているのかも…」と浮気に結びつけてしまうことがあります。今回の依頼者も浮気を疑い、帰宅が遅いことも休日出勤していたことも携帯でただ連絡を取っているだけでも全て浮気かも…?という疑いに結びつけていたのです。1度、浮気を疑ってしまうと、浮気をしていないと分かるものがない限り、どうしても疑いは消えないものです。

そして、今回の依頼者は、浮気の疑いが大きくなって行くにつれ、旦那さんを罵るようになったことがきっかけで喧嘩が絶えなくなり、旦那さんは、家を空けることが増え、家族で過ごす時間は少なくなっていったのだそうです。このようになってしまうと、夫婦間に溝が出来てしまうことも多いのです。

今回は、これ以上夫婦仲が悪化しないようにということもあり、浮気かどうかをはっきりさせたいといった依頼でした。このように、浮気をはっきりさせたいと思ったときに活用して頂きたいのが探偵のなのです。もし、浮気かどうかはっきりさせたいと思ったら、1度、探偵に相談されてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

総合探偵社 日本データバンク
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)