日本データバンクは広島を中心とする西日本最大手の探偵事務所・興信所。浮気・結婚・家出・行方不明調査などあらゆる調査で実績ある調査会社です。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

女性とのLINEを見て、夫が浮気をしていると思った妻…夫が離婚を視野に入れていると知り、探偵に相談することに

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年2月14日

夫が浮気?!夫が離婚を考えているのではと思った妻は、浮気調査を依頼

先日、相談に来られた穂乃香(仮名)さんは、3歳年上の旦那さんと4年前に結婚した29歳。会社員として働く旦那さんと付き合って1年で結婚。結婚後は、子供さんはまだいないものの専業主婦として旦那さんを支えている穂乃香さん。旦那さんは、残業があまり多くはなく、土日休みなので、一緒に過ごす時間が多いので、二人でデートしたりご飯を食べたりする時間が穂乃香さんにとってとても幸せな時間なのだそうです。

不信な旦那のレシートを発見(イメージ)
不信な旦那のレシートを発見(イメージ)

しかし、最近、旦那さんが残業が増えたようで、帰宅時間が遅くなっているのだそうです。「最近、繁忙期で…」と旦那さんに説明をされ、「大変なんだな。」と思っていた穂乃香さん。そんなとき、穂乃香さんは、あるものを発見したのです。それは、残業で遅かったはずなのに、その日にレストランに行っていたレシートを発見したのです。そこには、2名様と書かれており、コースを食べたであろう記載もあったのです。

「仕事関係の人と行くわけない!こんなお店に…」と思った穂乃香さん。しかも、「残業だと嘘を吐いて行っていた…」ということで、穂乃香さんは、旦那さんが浮気をしているのではないか?と思ったのです。そこで、何か他に証拠はないのかと思い、穂乃香さんは、旦那さんの携帯電話を見てみることに…そうすると、そこには、みほちゃんという女性とLINEでやり取りしている形跡があったのです。

「今日、会えない?」や「好き」というものから、「奥さんと早く別れてくれないの?」「離婚はいつするの?」といったものまで…その返事に旦那さんも「今はまだ言えてないけど、嫁とは別れてお前と結婚する。」と返していることもあったのだそうです。それを見た穂乃香さんは、かなり親密な関係で、しかも、相手の女性は離婚を望んでいるんだと思ったのだそうです。

他の女とのLINEも発見(イメージ)

旦那さんの返事からも離婚のことが少しは頭にあるのではと不安になった穂乃香さんは、もし、このまま旦那さんに別れを告げられてしまったら、証拠もないので、浮気のことをうやむやにされて離婚となってしまう…と思ったのです。なので、そういうことをされる前にしっかりと証拠を掴んでいないといけない!と思ったのだそうです。

そこで、どうやったらいいのかを考えた穂乃香さん。初めは自分でしようと思った穂乃香さんでしたが、「もし、旦那に気付かれたら…」と思うと、自分で調べる勇気が出なかったのです。ですが、このまま何もしない状態でいるのは嫌だった穂乃香さん。

そこで、探偵の浮気調査はどうかと思い、相談に来られたのです。「離婚を言われる前に証拠が掴みたいんです!」と。調査の方法や料金の見積りなどをお話しさせて頂いて、穂乃香さんに納得をしていただけ、調査をすることとなったのです。

夫の浮気の証拠を掴んだ妻は、離婚を決意!

後日、結果を聞きに来られた穂乃香さん。

調査の結果浮気が確定(イメージ)

「旦那さんは、ある女性と親密な関係のようです。仕事終わりに女性のお家に行かれたり、二人きりでお食事に行かれていたり、路上でキスをされていることもありました。」と調査報告書と写真を穂乃香さんにお渡しすると、「本当に浮気だったんだ…もしかしたら、私の勘違いかなって思ってたんですけどね。」と。

後日、どうなったのかをお伺いすると、「旦那は、浮気相手には本気じゃなかったとは言ってましたけど、浮気をしてたってだけで許せないので離婚することにしました。でも、この証拠のおかげでしっかり二人から慰謝料取れたのでよかったです。」と穂乃香さんは話してくれました。

浮気の証拠が欲しいと思ったら、探偵に相談を

浮気をされているかもと思ったら、まず、思い浮かべることは何でしょうか?怒りや許せないという思いはもちろんあるでしょう。それだけではなく、その中には、離婚について考える人もいるでしょう。離婚をしたい人、離婚をしたくない人…どちらもいるでしょう。

そのどちらにも共通して大切となってくるのが、浮気の証拠なのです。離婚したい人は、浮気の証拠があることによって、慰謝料を取れたりします。逆に、離婚したくない人にとって浮気の証拠があることによって、相手からの離婚請求をさせないようにすることが出来るのです。なぜなら、有責、すなわち、浮気をした側からの離婚請求はすることが認められないからなのです。なので、浮気の証拠があれば、有責を認めさせることが可能なのです。

そこで、もし、浮気の証拠が欲しいと思ったときには、探偵の浮気調査を活用されてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

総合探偵社 日本データバンク
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)