広島市に本社があり、西日本最大級の探偵調査ネットワークを持つ、もみじ探偵社(興信所)です。浮気・結婚・家出・行方不明調査などをお受けいたします。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆まさか夫が浮気を?!ラブホテルのポイントカードを発見した妻は、決定的な証拠を掴むために、浮気調査を依頼

カテゴリー: 広島の探偵Column
2018年1月2日

ラブホテルのポイントカードが夫の財布に…浮気を疑った妻は探偵に相談

先日、相談に来られた藍子(仮名)さんは、同い年の旦那さんと6年前に結婚した32歳。藍子さんたちご夫婦は、お互い仕事が大好きで、子供さんは作らないと結婚前に決め、結婚したので、子供さんはいません。藍子さんは、エステティシャンとして働き、旦那さんはIT企業で働いています。藍子さんはシフト制でお休みを取るため、土日はお仕事.しかし、旦那さんは土日お休み。

なので、二人で過ごす時間をあまり取れてはいないそうですが、月に1度同じ日にお休みを取り、一日中デートに出掛け、二人の時間を作っているのだそうです。そして、旦那さんは、記念日やお誕生日を大切にされるので、結婚記念日や付き合った日、お互いのお誕生日にもお休みを取り、デートに出掛けているのだそうです。そのため、普段はお互い仕事仕事で、二人で過ごす時間もないのですが、寂しい思いもすることなく、夫婦仲よく過ごしていたのだそうです。

旦那の財布にラブホのカードが!?(イメージ)
旦那の財布にラブホのカードが!?(イメージ)

そんなある日、藍子さんは日課である旦那さんのお財布をチェックしていたのだそうです。藍子さんは、旦那さんのお小遣いが少なくなってくると、補充するために週に1度程度、旦那さんのお財布をチェックしているそうで、この日も「そろそろお小遣いなくなっているかな~」と見たのだそうです。

そうすると、お小遣いが減っていたので補充をし、そのついでにレシートの整理をすることに。旦那さんは、藍子さんがレシートの整理をしなければ、自分では全くしないので、いつもお財布がパンパンになるのだそうです。その状況が嫌で、藍子さんは整理をしているそうで、この日も見ていると、あるポイントカードを発見したのだそうです。

「このポイントカード見たことないな~」と思った藍子さん。パッと見ただけではどこのお店のものなのかが分からなかったので、インターネットで店名を確かめてみることにしたのだそうです。そうすると、ラブホテルだということが判明したのです。

「私は、こんなところ行ったことはないから、他の女と行っているんだ!」と思った藍子さん。「絶対に浮気だ!」そう確信した藍子さんは、これからどうするべきか考えたのだそうです。このポイントカードを見せて問い詰めることも思ったそうですが、きっと旦那さんならシラを切ると藍子さんは思ったのです。

なぜかと言うと、旦那さんには前にも浮気の疑いがあったそうなのですが、証拠も曖昧だったために、シラを切られたのだそうです。そのことがあったので、今回は、ちゃんと証拠を掴んでからじゃないとダメだ!と藍子さんは思ったのです。

そこで、どうやって証拠を掴むべきなのかを考えた藍子さん。自分で尾行をすることも考えたものの、藍子さんは仕事をしているので、旦那さんの行動をチェックすることは難しい…なので、藍子さんは、探偵に浮気調査を依頼することにしたのだそうです。そして、相談に来られた藍子さんは、「今度こそは、認めさせたいんです!」と。調査方法や料金の見積りなどをしっかり説明をさせて頂いて、納得をされ、浮気調査を依頼されたのです。

浮気の証拠を掴み、妻は、夫へ離婚を宣告

後日、結果を聞きに来られた藍子さん。

あのラブホに旦那と女が・・・(イメージ)
あのラブホに旦那と女が・・・(イメージ)

「旦那さんは、同じ会社で働く女性と親密な関係のようです。旦那さんのお持ちだったポイントカードのラブホテルにも出入りしていました。」と調査報告書と写真をお見せすると、「やっぱり、浮気していたんですね…でも、これで、旦那に浮気を認めさせることが出来ます。」と。

後日、どうなったのかを伺うと、「もちろん、離婚します!お互い、ある程度自由に出来ていたのは、相手のことを信用していたからですからね。浮気されているのに、一緒になんていられないです…今回の証拠のおかげで旦那はぐうの音も出ない感じでした。相手の女性からも慰謝料もらって旦那からもしっかりもらえることにもなりました。今回は本当にありがとうございました。」と。

浮気を認めさせるには、証拠が必要!証拠を掴みたいなら、探偵に相談を

今回は、お財布の中にラブホテルのポイントカードが入っていたことがきっかけで浮気を疑ったケースでした。

探偵が決定的証拠を掴みます(イメージ)
探偵が決定的証拠を掴みます(イメージ)

この場で、今回の依頼者の方も旦那さんを問い詰めることも考えたそうですが、シラを切られると思い、しっかり証拠を掴むために探偵に浮気調査を依頼されました。浮気に気付いた時点で、ある程度の証拠を掴んでいればそのまま問い詰めても浮気を認めてくれるかもしれません。しかし、今回のように、ポイントカードだけであると、シラを切られて認めてもらえないことも多いでしょう。

そこで、相手に浮気を認めさせたいと思えば、やはり、証拠が必要となってきます。しかも、相手が認めざるを得ないような決定的証拠が必要となってきます。しかし、決定的証拠を自分で掴もうとすると、尾行なども必要となるので、自分では困難です。

そこで、決定的証拠が欲しいときには、調査のプロである探偵を活用して頂きたいのです。もし、浮気をされているけど、決定的な証拠がない…そんなときは、1度、探偵に相談されてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

広島の探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:日本データバンク株式会社
〒730-0041
広島県広島市中区小町3番22号

探偵業届出証明書番号
第73160016号(広島県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第73070020号(広島県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)